川口木工所の拘り 本文へジャンプ
職人のこだわりはそのまま出来上がる作品へ映ります


材料へのごだわり

川口木工所で製作する組子細工の原材料である木材は基本「杉」「桧」のみです。作品に強い色彩を出すときには「神代杉」(地殻変動などで1000年以上地中に埋もれた木材)を使うこともあります。この三種の木材で色鮮やかな組子細工を作るには高い技術と感性が必要です。

三種の木材で色鮮やかな組子細工を作れるということには様々なメリットがあります。材料である木材の伸縮の差、刃物の切れ具合など多岐にわたります。つまり納期短縮、コスト削減へ直結します。

川口木工所は挑戦し続けます。

組子細工の全国大会である全国建具展示会に川口木工所は挑戦し続けます。更なる技術の向上とデザインの感性を磨いていきます。



   
inserted by FC2 system